正しい昆虫の知識|鳩にとって住みやすい場所にしない|対策して寄せつけないようにする

鳩にとって住みやすい場所にしない|対策して寄せつけないようにする

正しい昆虫の知識

ハチ

地域密着型の業者

蜂の駆除・退治が何故必要なのか、刺す問題だけではなく、毒によってアレルギー反応から命の危険性もあるからです。特に駆除が必要なのはスズメバチ・アシナガバチですが、その一部の種類に限られており、生態に詳しい専門家に一任するのが得策です。スズメバチでも毒性が強いのがオオスズメバチで、体質や刺された数によっては命の危険性が問題視されています。共通して言えるのは、女王蜂と働き蜂の集団での生活で、毒針はコロニーや自分たちを守るための防御策の1つです。むやみやたらに襲撃するケースは少なく、正しい知識を持つことで攻撃されずに、近くで観察することさえ可能にします。ですが、駆除・退治する際、刺されることもゼロではなく、対処としては傷口を流水でよく洗い流し、指で毒液を絞り出すように処置して病院へ行くことが大事です。

人が危害を与えている

ツマアカスズメバチなど、生息地が限定されている蜂の駆除などは生態などを熟知した地域密着型の専門業者に相談することが大事です。特に、高い所に巣を作るのが特徴で、庭の木々はもちろん、所有する野山の木々にも巣を作ります。駆除も必然的に高所作業となる可能性も高く、クレーンやバケット車を用いて駆除・退治することもあり、専門業者への信頼感は評価されています。野山だけでなく住宅街や公園などから、戸建てでは軒下や天井裏などにも巣を作るため、偵察する蜂の群れを追跡できるのはプロならではの技です。追跡装置や観察するためのカメラなど、様々な機材が用いられています。支持される理由には、隣接する住宅にも配慮した駆除方法が提案されたり、人に害のない薬剤や知恵が活用されているなど、蜂について知識があるから可能な方法です。